屋根塗装 クールタイトSi 上塗り

高反射率塗料(遮熱塗料)「クールタイトSi」

  • SK化研 クールタイトSi 耐用年数6~8年
  • SK化研 クールタイトSi 遮熱性能
  • SK化研 クールタイトSi 低汚染性
  • SK化研 クールタイトSi 防藻防黴
  • SK化研 クールタイトSi 高耐候性

「遮熱塗料」って何?「クールタイトSi」とは?

  • 「クールタイトSi」の遮熱性能
  • 真夏の太陽光線は、屋根や屋上や外壁の表面温度は50~80℃まで上昇させます。
    上昇した表面温度を建物は吸収し、その熱エネルギーは室内温度の上昇させます。

    遮熱塗料とは、太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外領域を反射する事で屋根や外壁などの表面温度の上昇を抑制し、室内の温度上昇を抑えます。

    「クールタイトSi」は環境省が進める「環境技術実証事業:ヒートアイランド対策技術分野(建築外皮による空調負荷低減技術)」の「高反射率塗料(遮熱塗料)」で、その性能が実証された塗料です。

    また、低汚染性によって汚れの付着による遮熱効果の低下を防ぎ、長期間高い遮熱性を維持。
    特殊アクリルシリコン樹脂の採用により、強靭で優れた耐薬品性、耐侯性、耐久性を実現しました。
    防かび、防藻性に優れている多機能な塗料です。

サーモグラフィー撮影による屋根表面温度分布

  • サーモグラフィー撮影による屋根表面温度分布
  • 折板屋根の半面(写真上半分)を「クールタイト/グレー色」、さらに半面(写真下半分)を同系色の一般塗料で塗装し、塗装後の日中の屋根表面の温度分布状況をサーモグラフィーで撮影。

    結果、クールタイトを施工した場合と一般塗料を施工した場合を比較すると、屋根表面温度は平均で11.6度の差があり、温度低減効果が確認できる。

「クールタイトSi」の特徴

「クールタイトSi」はエスケー化研というメーカーの塗料です。
以下の特徴を持っています。

優れた低汚染機能

  • 遮熱性能の持続性(温度変化)
  • 優れた低汚染機能を発揮し、汚れの付着による遮熱効果の低下を防ぎ、長期に亘って高い遮熱性を維持することができます。

高耐候・耐久性

  • 促進耐候性試験(キセノンランプ法)
  • 高耐久性樹脂の採用により、強靭で優れた耐候性、耐久性を示します。

防かび・防藻性

  • 防かび性能 クールタイトと汎用塗料の比較
  • 特殊設計により、かびや藻などの微生物による汚染に対して優れた抵抗性を示します。

劣化を抑制

  • 温度差を抑制することにより、金属の膨張、収縮が抑えられ、金属の劣化防止につながります。

  • 当店「クローバーハウス」では、日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研など一流メーカーの塗料のみを使用しております。
    また、無料にて屋根・外壁診断も行っております。
    お住まいの傷み具合を総合的に確認させていただき、診断書を作成。現状のご説明をさせていただきます。
    遠慮せずに私どもにお問い合わせ・ご相談くださいませ。
    >>詳しくは、「クローバーハウスの無料外壁診断」のページにて。

  • サービスの質を維持するため、大変申し訳ありませんが、大阪北摂地域の吹田・豊中・箕面(一部大阪市内含む)以外のエリアでのリフォーム工事はお断りさせて頂く場合がございます、ご了承ください。
  • 吹田地域最大の自然素材体感型リフォームスタジオ。駐車場完備でお気軽にご来店いただけます。
メニュー閉じる
メニュー閉じる